2015年06月02日

監視測定する40プラダ店舗財布類の商品

監視測定する40プラダ店舗財布類の商品の不合格プロジェクトは主に内在する品質と使用説明(商品タグ)が国家の強制性標準に合わないのです。異常なにおいは、発ガンするよい香りのアミンの染料、ホルムアルデヒドのテストを分解することができるのとなるとのがすべて合格だ。

  調査によると、染色堅牢度は織物が過程で使うか加工しているので、外部の原因(摩擦、水など)の効果の下の堅固な程度に耐えて、プラダ店舗汗のしみに耐えるのを含む、光に摩擦して、耐えるのに耐える、黒に耐えて水色の柵度に洗って耐える。今回の監視測定の中で発見して、染色堅牢度の何項目(か)の指標の中で皆製品の標準の規定の要求に合わない何不合格の財布があります。

色のしっかりしている度の悪い紡織の財布の製品、黒の液体、汗のしみあるいは唾液にぶつかる時、顔料は落ちやすくて色褪せて、プラダ財布コピー美観に影響して、しかも顔料の中の染料の分子と重金属のイオンが恐らく皮膚を通じて(通って)人体に吸収させられるのが危害を及ぼす健康です。

  使用説明の不合格な製品は具体的に生産企業の名称、製品の規格の型番を明記していないでおよび、記号を洗って規範に合わないで、プラダ財布コピー製品の品質の等級などを明示していないのとして表れていません。

  測定の中でまた(まだ)発見して、国家の強制性標準の規定の要求を超える1モデルの製品のph値があります。ph値は安全な性能の中で織物比較的重要な指標ですプラダ財布コピー。人体の皮膚が弱い酸性を呈するため、病原菌の侵入を防止することができて、そのため織物ph値(酸っぱいアルカリ性)は小さい酸性と中性の間で人体の皮膚を保護するのが健康なことに利益があります。


プラダ店舗あるいはしかしもしも織物の中でph値が高すぎるのが低すぎて、皮膚の表面の酸・アルカリ度を破壊するのが平衡がとれていて、それによって皮膚に感染をアレルギーがあるか誘発するように引き起こして、皮膚その他の病原菌のを受けて侵害しやすいです。
posted by gbbdgx at 16:31| Comment(0) | プラダ激安 | 更新情報をチェックする

プラダ店舗深く突っ込んで業界を理解

プラダ店舗深く突っ込んで業界を理解するために状況と各類の中小の財布の企業の生存の現状を運営して、広東省の財布のアパレル産業が力を合わせて今年上半期に中山市、東莞市、恵州市、仏山市などの省内の多市に対して段階に分けるのを行って調査し研究することができます。

  結果は表示して、今年1―5月、広東省の財布は生産して依然として全国第一財布生産大省の地位を維持して、しかしすでにマイナス成長が現れました。2012年の上半期に広東の財布の経済はマイナス成長を続けます。外国貿易の方面、今年1―5月、広東省のプラダ店舗財布の付属品は113.5億ドル輸出して、同時期と比べて1.9%減らして、増幅は全国より低いです。浙江、江蘇、福建、山東などの財布大省の中で、広東は唯一総額のマイナス成長の省を輸出するのが現れるのです。


  調査によると、全世界の経済情勢が厳しくて、欧米のプラダ財布コピー市場ニーズは下がって、一部の注文書はすでにベトナム、カンボジアなどの労働力コストの更に低い国家まで(に)移転しました。


  調査研究の中で、大多数の産業クラスターがすべて今年多くの企業に反応して生産の停止があるいは半分の生産を停止する現象現れて、去年同時期と比較して、3分の2近くの企業は生産高が明らかに下がると表して、生産高の下がったのプラダ財布コピーは主に注文書が労働者を減らして使うのが不足するためで、平均する稼働率は75%左右、2割近くの企業の稼働率の50%足らずがあります。



  広東省のプラダ店舗財布のアパレル産業はできるリポートに力を合わせて表示して、上半期にと去年同時期に比較して、広東70%近くの企業の販売収入と利潤は皆明らかに下がります。財布の企業の労働力コストの平均の上げ幅は20%左右。調査研究中で、財布の企業が上半期に最大のプラダ財布コピー原因が順次労働者を募集するために難しいにの影響すると思う、労働力コストが上昇する、原材料コストの上昇が注文書と不足する。
posted by gbbdgx at 16:21| Comment(0) | プラダ激安 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。